咳が止まらない

【咳に関する情報】 ニュース&トピックス

風邪が良くなってきても咳が止まらない

鼻水も止まり、熱も下がったけど、なぜか咳だけが止まらない。

私も含め周りの人でも、同じような症状を訴える人が増えたように思えます。

咳が出る原因を、私の周りの人に尋ねてみると、その答えは様々で

  • マイコプラズマ肺炎
  • せき喘息
  • 百日咳
  • 副鼻腔炎(蓄膿症)
  • アレルギー性鼻炎
  • 急性気管支炎
  • 気管支喘息
  • 喉頭アレルギー
  • アトピー性咳嗽
  • RSウイルス
  • 花粉症

など、こんなにも病気があるのかと思うくらいでした。

かくいう私もここ数年、なぜか毎年夏前の7月ごろと、秋の10月ごろに、咳が止まらなくなるようになりました。

(詳しくは ⇒ 季節性アレルギー?


ウイルス?細菌?それともアレルギー?


多くの人の話を聞いていくうちに、ウイルスや細菌による感染症(風邪)と、アレルギー症状が複雑に絡み合って、咳が長く続く人がいることもわかりました。

例えば私の4歳の娘の場合は、「アデノウイルス感染症(プール熱)」を罹った時は熱がひいた後も、気管支炎がなかなか治らず大変な思いをしました。

そして、風邪の症状は治まったと思っても、鼻水が垂れた状態が続き、喉を気にするような咳も続きました。

元々2歳の時から、小児喘息とハウスダストのアレルギーが有ることが分かっていたので、病院の先生の指示の元、アレルギー症状を抑える薬や吸入ステロイド薬、気管支拡張薬を処方してもらい治すことができました。

ウイルスや細菌だけが原因なら、栄養と水分、休養、適切な薬を摂れば治ることがほとんどですが、アレルギーが原因の場合は、その原因となる物質を取り除いたり、体質を改善するなどの方法も必要になるケースもあります。

また、子どもの場合は、咳が長く続くと、夜中咳き込んで寝れなかったり、吐いて泣いたりと非常につらいことがあります。

さらには、その子どもを介抱する親も寝不足が続いて、体調を崩したりもするので、ただの咳だからと言って軽く考えることなく、家族みんなで症状が改善されるよう取り組むことが大切です。

このサイトの情報を通じて、ひとつひとつ原因を取り除いたり、良いお医者さんを見つけたり、症状に合う治療方法を探しだして、多くの人が咳を止めて、咳の苦しみから解放されることを願います。