大人になってからのアレルギー

大人になってからアレルギーになることはあるのか?

もともとアレルギー体質でなかった人が、突然アレルギーを発症することはあるのでしょうか?

私自身30歳まではアレルギーといったものに無縁の生活を送っていました。

(詳しくはコチラ ⇒ 季節性アレルギー)

社会的問題にもなった石鹸での小麦アレルギー問題でも、健康だけが取り柄だっという大人が、この石鹸を使っていただけで小麦アレルギーになり、病院に救急搬送される事態になったケースもあるようです。

また、「花粉症デビュー」という言葉が聞かれるように、ある日(時期)に突然、スギやヒノキ、ブタクサなど特定の花粉にアレルギー症状が出てくることもあります。

こうした外部からの刺激によるアレルギー症状は

  • 肌(皮膚) ・・・ アトピー性皮膚炎、蕁麻疹 など
  •  ・・・ アレルギー性鼻炎 など
  •  ・・・ アレルギー性結膜炎 など
  • 気管 ・・・ 気管支喘息、小児ぜんそく など

などがあり、アレルギー症状だと自覚したり、医師の診断がなければ、「ただの風邪かもしれない」・「目に異物が入った」・「虫に刺されたかも」などと思い気付かないことも考えられます。



この咳はアレルギーかも・・・

今まで健康な人は、「自分はアレルギーにはならないよ」とか「アレルギーは体の弱い人がなるんでしょ」と思うかもしれません。

ですが、誰にでもアレルギーになる可能性はありますし、見るからに屈強な人が花粉症だったなんてことはよくあることです。

また、健康に自信がある人は、まさか自分にアレルギー症状がみられるなんて微塵も思いませんので、ハウスダストが原因で咳が何週間も続いても、「今回の風邪はしつこいなぁ」と思ったりするものです。

実際に私がそうでした・・・

自分の周りから、アレルギー症状の原因(抗原)を取り除くまで、一度風邪をひくと長い間咳が止まらず、肺が壊れるかもと思うくらいつらい咳をしていました。

お医者さんにアレルギーと診断されてから、あらためて考えてみると、咳の原因がアレルギーかもしれないと思えることがありました。

風邪をひくと身体を休めるため布団で寝ることが大切だと思っていたのですが、あまりに咳がひどく止まらないことがあると、辛さのあまり掛け布団を頭からかぶってうずくまっていました。

今考えるとあり得ないのですが、防ダニ布団でもなく、きっちり天日に干したり掃除機掛けをしていない布団の中に潜り込むなんて、ハウスダストのアレルギーを持っている人には自殺行為でした。

案の定、いくら身体を休めても咳が全く止まらなかったことを覚えています。

健康に自信がある人でも、普通の風邪にしては咳がなかなか止まらないと思われる方は、早めに医師の診察を受けて原因を見つけることができれば、辛い思いから早く解放されるかもしれません。