アトピー咳嗽(がいそう)

「アトピー咳嗽(がいぞう)」って何???

アトピー咳嗽は、咳喘息とまったく同様の症状で、気管支拡張薬が効かない病気です。

喘鳴や呼吸困難を伴わないことが特徴で、アトピー素因のある人は要注意になります。

つまり、アレルギー疾患を発症した人や、現在発症している人はアトピー素因があることになるので、長く咳が続く場合は、アトピー咳嗽の可能性もあります。

詳しくは

⇒ アトピー咳嗽 vs. 咳喘息:咳嗽の診断と治療

⇒ ■宮川医院■咳喘息■

をご覧ください。

アトピー咳嗽と咳喘息の病態の比較と、治療を表した図を見ることができます。

また、アトピー咳嗽は、喘息への移行を認められないようですので、その点は安心できます。

ただし、たかが咳だと甘く見ず、長く咳が続いた時は、医師の診察を受けてることをお勧めします。

上記のリンク先にも書かれていますが、長引く咳は、原因が分かりにくいケースもあり、治療的診断で治していくこともあるようです。

※治療的診断 ・・・ 病気の原因がわからない場合、原因を想定して治療・投薬をし、その結果を見ながら治療を進めていくことです。



アトピー咳嗽の治療方法

軽症の場合は抗ヒスタミン薬を中心に処方されます。

アレルギーを持っている私の娘は「アレジオン」を処方されてますが、それと同じ抗アレルギー薬になります。

※他の抗アレルギー薬 ・・・ ニポラジン・エバステル・アレグラ・クラリチン など

症状が中程度だったり、抗ヒスタミン薬だけでは十分でない場合は、ステロイド吸入薬が処方されることが一般的です。

娘も、以前はフルタイドを使っていましたが、今はキュバールを使っています。

私の経験では、薬の種類については、医師によって好みや、こだわりがあるみたいですね。

そして症状が重くなると、錠剤のステロイド薬になります。

経口ステロイド薬なのですが、娘も2回ほど処方されたことがあります。

まだ小さかったので、砕いて粉状にしたものを、ジュースなどに溶かして飲ましていました。