化学物質過敏症

化学物質過敏症とは

化学物質や薬物の暴露によって、体調不良などの健康被害が引き起こされることを『化学物質過敏症』といいます。

発症原因や症状、その進行速度や重さなど様々で、医学的に疾患として十分に確立されていません。

一見アレルギー症状と似た部分があるので、違いが非常に分かりにくいですが、以下のサイトでその違いが見られます。

⇒ 化学物質過敏症とアレルギー症の違いについて

これといった特徴や症状ががないケースもあり、体調不良や疲れ、軽い風邪、更年期障害などと思われることもあります。


化学物質過敏症の原因

化学物質過敏症は

が主な原因とされています。

参照 : 化学物質過敏症について

化学物質過敏症の症状

化学物質過敏症の主な症状としては

  • 自律神経障害 ・・・ 発汗異常、手足の冷え、易疲労性
  • 精神障害 ・・・ 不眠、不安、鬱状態、不定愁訴
  • 気道障害 ・・・ 咽頭痛、口渇
  • 消化器障害 ・・・ 下痢、便秘、悪心
  • 眼科的障害 ・・・ 結膜の刺激障害、調節障害
  • 循環器障害 ・・・ 動悸
  • 免疫障害 ・・・ 皮膚炎、喘息、自己免疫異常

があります。

参照 : CS和の会 〜化学物質過敏症の仲間たち〜

実は私も、「香水のにおい」や「たばこの煙」、「洗剤・芳香剤売り場」、「衣類の防虫剤」が非常に苦手です。

私の場合は、日常生活が送れないなどの深刻な事態ではないので、病院に行っておりません。

ですから、本当に化学物質過敏症かどうかは分かりませんが、化学物質過敏症と診断を受けたひとのブログやホームページを見てみると、いくつか共通した点が見られました。

それらの化学物質過敏症の人の事例から、化学物質過敏症かどうがのチェックポイントをまとめてみました。

  • 燃焼物・線香・タバコなどの煙
  • 化学調味料が多い食品
  • 香水・人口香料・芳香剤のにおい
  • 防虫剤・ドライクリーニング衣類
  • 印刷された紙・新聞(印字インク)
  • 毛染め剤・パーマ液

などで頭痛や咳(ひどい場合は喘息)、めまい、倦怠感があると注意が必要だと思われます。

気になる方は、化学物質過敏症のNPO団体や「CS和の会」、専門病院にご相談ください。