季節性のアレルギー対策

「季節性アレルギー」って何???

私は、毎年夏前の7月ごろと、秋の10月ごろになると風邪をひくことが多かったのですが、近所のかかりつけの町医者に指摘されるまでは気づきませんでした。

ある年の6月下旬に風邪をひき、市販薬を飲んでいても1週間以上治らなかったので、病院に行きました。

熱も引き、鼻水も出なくなっていたので、もうすぐ治るだろうと思っていたのですが、咳だけが治まらずにいたので、『咳だけで医者に行くのもめんどくさいなぁ』と思いながら受診したことを覚えています。

そこで医師に言われた言葉が「またこの時期に来たね。去年もちょうどこのくらいの時期に来たし、症状も同じで、季節性のアレルギーだよ。」ということでした。

『季節性のアレルギーって何だ??』と思い質問してみましたが、あまり明確な答えは返ってこず・・・「季節の変わり目だから気温の変化が原因ですよ」と言われただけでした。

その言葉だけを信じるなら、『この時期は毎年、風邪をひいてしまったら咳が止まらなくなってしまうのか!?』と思いましたが、とりあえず咳止めやアレルギー症状を抑える薬を処方してもらって帰りました。

その後、暫くして咳は治まり、こんな苦しいのは次になるのは嫌だったので、原因を突き止めようと本やネットで調べてみました。

結果、季節と関連するアレルギーの因子はたくさんありました。

たとえば

  • ダニ・ダニの死がい・フン ・・・ 夏から秋にかけて
  • カビ ・・・ 春から夏にかけて
  • 花粉 ・・・ 年中(スギやヒノキ以外にもブタクサなど多くある)
  • 寒暖差 ・・・ 季節の変わり目
  • 黄砂 ・・・ 夏以外の季節

などがあります。

こうやって見てみると、どれも自分にとって原因として怪しいのですが、娘にもハウスダストのアレルギーがあるので、自分の周りから取り除けるものは取り除いていくことにしました。


一番怪しかったのは布団

アレルギーを調べる血液検査をすれば、原因が分かりやすかったのですが、普段から掃除が十分に出来ていないと思ったので、この機会に様々なものを見直すことに。

まずは掃除機

いつも排気が気になっていたので、排気がきれいなタイプのものに買い替えることに。

次に空気清浄機

これは基本だと思い導入することに。

そして最後に布団。

もう10年も使っており、外干しして掃除機がけをしても、なんだかきれいになった気がしない・・・

また、1日のうち8時間以上も布団の中に入っていると考えると、最も怪しい気がしてきました。

そこで思い切って防ダニ布団を購入することに。

ここまで手を打ったおかげか、その後、風邪をひいた後も、肺がつらくなるような咳が残ることはなくなっています。